Loading

ブログ

人を信じること

人を信じること

人を信じることとは?

「信じるってどういうことだと思いますか?」

という問に対する芦田愛菜さんの発言が話題になっていました

その人のことを信じようと思います。
ということをよく言いますが
その人自身を信じているのではなく
自分が理想とするその人の人物像に
期待してしまっていることなのかなと思う。

だからこそ人は裏切られたとか期待していたのにとか言うけれど
その人が裏切ったとかそういうことではなくて
その人の見えない部分が見えただけであって
そういう部分が見えた時にそれもその人なんだと受け止められる
揺るがない自分がいるっていうのが人を信じることだと思った。

要約するとこのような感じになります。
この発言は大変好評を得ています。

これを聞いた時に「なるほど!」と思いました。
とても素敵な考えです。

信じる根拠がない場合

ただ、その考えが当て嵌るのは限定的な場合のみだと思います。

例えば、清純派アイドルのファンが

そのアイドルは恋愛なんてしていない!

と信じているとします。

このような場合は信じることの根拠がなく
芦田愛菜さんのいうようにまさに
自分の理想像に期待している。」ことになります。

信じるに至る経緯

なんの根拠もなく人を信じることって
実生活の中では稀な事なのではないでしょうか?

通常はその人と付き合っていく中で
相手のいくつかの言動によって
徐々に信じていくことになると思います。

信じた相手はこれまでにこちらに伝えたいくつかの言動を
実現させるため、もしくは違えることがないように
当然に努力してくれるものと考えます。

このように信じることにある程度の根拠がある場合
その言動と真逆な選択をされた場合は
裏切られたということになるのではないでしょうか?

裏切られることが多くあった過去

私はこれまで何度も何度も裏切られてきました。

もう二度と人を信用しない!

そのように生きようと考えたくなる時が何度もありました。
しかし

人を信用しないで生きていく人生って
物凄く哀しいだろう

と想像します。

それでも人を信じる

そんな哀しい人生を生きるくらいなら

裏切られてもいいから
人を信じることを前提として生きていこう

と考え生きています。

そのようなことを考えてから裏切られても凹んだりすることはなくなりました。

またか。

程度です。
裏切られるのは
私自身の不徳の致すところでもあると承知していますが
それでも自分で吐いた唾は飲まないでほしいものです。

人を裏切ることを平気でできる人間に
明るい未来はやって来ないでしょう。

これからも何度も裏切られるだろうと覚悟しています。
それでも私は信じたいと思います。
※裏切った人はもう二度と信じませんが

最近、残念な出来事がありましたが
私自身はこれまで通り
裏切られた!と相手に思わすような
言動は決してしないように
と改めて
心に固く決意した今日この頃であります。

本日は以上です。

お電話はこちらです。

電話受付時間は10時から23時までとなっております。

他のお客様の電話対応中にお電話頂いても出れない場合がございます。

LINE公式アカウントは24時間受付中です。

ジモティーにも掲載しております!

ジモティーのサイトはこちらから。

「よくある質問」をご覧頂くと解決する場合もございます。
「よくある質問」をご覧になる場合はこちらをクリックして下さい。

お見積もりやご相談だけでも大歓迎ですのでお気軽にご連絡下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 「グランマ」と名乗ることになりました。
  2. 無料LINE査定も受け付けております♪
  3. 新サービスを開始しました!②
  4. 女性スタッフも在籍しております。
  5. 心の手紙
  6. 今後の日本
  7. 諸行無常2
  8. 遺品とは大切な形見

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
PAGE TOP