Loading

ブログ

PLAN75

コンセプト

映画「PLAN75」のコンセプトは
超高齢化社会が抱える倫理的で複雑な
問題に焦点を当てています。

映画が提起する「生死の選択権」は
高齢者や社会全体に対する深い
哲学的な問いかけを引き起こすものです。

警鐘

観客にとって考えさせられる要素の一つは
生産性や社会的な価値といった基準に
基づいて人の生死が評価される未来像です。

映画が描くように社会が不寛容で差別的になり
生きる価値が生産性に結びつくような
状況が進むことは深刻な懸念です。

制度<プラン75>は、このような状況に
対する一種の警鐘とも言えるでしょう。

どのように生きるか

また、映画は個々の選択に焦点を当て
高齢者や若い世代がどのように生きるか
という個人の自己決定権についても問いかけます。

個人の尊厳や自己決定権が尊重される
社会において、どのような価値観や
倫理観が求められるかが問われます。

さらに、映画が言及する「自己責任」という
社会のトレンドや不寛容が進む状況に対する
批判的な視点も注目されます。

考え直す契機

作品は、そういった社会の動向に対する
警鐘として人間らしい価値観や共感
寛容さの大切さを訴えているようです。

総じて、この映画は未来社会における
生死の選択、社会の価値観、個人の尊厳などに
対する深い考察を促すものであり観客にとっては
これらのテーマについて自らも
考え直す契機となるでしょう。

遺品整理を生業とすると一般の方よりも
人の「死」や「生き方」などを間近かに
感じて己の人生についても考えさせられる
瞬間が多くあるように感じております。

あくまでも私個人の感想ですが正直にいって
面白い訳でもなく感動する訳でもありません。
でも、皆様にも観てみてほしいです。
己の死を考える事はとても大事です。

次回はこの映画を観て、具体的にどのような
ことを考えさせられたのかについて綴らせて
頂きます。

※アイキャッチ画像やブログ内の画像は
イメージであり映画とは無関係です。

本日は以上です。

お電話はこちら

電話受付時間
10時から23時まで。

他のお客様の電話対応中は
出れない場合がございます。
その場合はこちらから折り返しの
お電話をさせていただきますので
お待ちくださいませ。

LINE公式アカウント
24時間受付中。

「よくある質問」をご覧頂くと
解決する場合もございます。
「よくある質問」をご覧になる場合は
こちらをクリックして下さい。

お見積もりやご相談だけでも
大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 契約しないとダメ?
  2. ご先祖様
  3. 緊急事態宣言特別割引を実施致します。
  4. 遺品整理の流れ
  5. ブログ更新が滞ってしまった真相
  6. 新春キャンペーン実施いたします。
  7. 遺品整理前の魂抜きとは①
  8. 故人・ご遺族へのご挨拶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
PAGE TOP