Loading

ブログ

遺品整理業者とのトラブルその3

遺品整理業者とのトラブルその3

おはようございます!
富本です。

シリーズ化しつつある遺品整理業者とのトラブルについてですが、

今回はよくあるトラブルの一つ

”遺品を勝手に処分された”

についてのお話になります。

遺品の中には他人には分からないもの。

 

親族間だけにしか分からない大切なもの、
思い出の品があると思います。

例えば、親族が故人様へ記念日に贈った品。

 

 

過去の事例ですが、

お客様から故人の記念日にあげたカバンは処分しないで欲しい。
との要望がありました。

遺品にはいくつかカバンがあり、

また、特徴が該当するカバンばかりでした。

おそらくその方の好みだったのかも知れません。

その時は一つ一つお客様に確認をとり、
対応させていただきました。

 

私たちも事前に伝えていただかなければ
正直分からなかったかも知れません。

このように親族や故人様にしか分からない
大切な品々が遺品の中にはあります。

ですので、そういったトラブルが多くあるのだと思います。

私はこのようなトラブルの原因は

業者がしっかりと話し合いをしない

ことだと考えております。

しっかりとお話しせず、契約を迫ることで全てが
雑になってしまうのではないでしょうか。

そして事務的に作業を行うため、
そのような事故が起こってしまうのだと。

思い出の品は処分されてしまったら
二度と取り戻すことはできません。

こうしたトラブルで後悔がないようしっかりと打ち合わせをし、

また、依頼者ご自身でもしっかりと想い返し、
大切なものを事前にお伝えいただければと思います。

 

本日は以上です。

お電話はこちらです。

電話受付時間は10時から23時までとなっております。

他のお客様の電話対応中にお電話頂いても出れない場合がございます。
その場合は弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。

才光LINE公式アカウントは24時間受付中です。

「よくある質問」をご覧頂くと解決する場合もございます。
「よくある質問」をご覧になる場合はこちらをクリックして下さい。

お見積もりやご相談だけでも大歓迎ですのでお気軽にご連絡下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 寄付してきました。
  2. 片付けられない人の割合
  3. クレジット決済可能になりました。
  4. 富本です!
  5. 断捨離のすゝめ
  6. 隠しコマンド
  7. ガソリン価格の高騰について
  8. 先日に続く吹雪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
PAGE TOP