Loading

ブログ

リアルな現場に立ち会い‥

リアルな現場に立ち会い‥

 

 

おはようございます!
富本です。

皆様は孤独死について考えたことはありますか?

私は正直ありませんでした。

よく耳にはしてましたが、

以前はどこか人ごとの様に感じておりました。

 

 

過去のお話になりますが、

ニュースで”孤独死”の特集をたまたま見ました。

その時は「孤独死か…なんか寂しいなあ」

程度に思っておりまして

それから数日後、偶然にも”孤独死の部屋を片付けて欲しい”
とのご依頼があり、私も立ち会うことになりました。

頭の片隅にニュースの内容が残っており、

「あっそ言えばこの間そんなテレビ見たな」

なんて考えながら現場へ。

 

現地に到着し、


いきなり生々しい状況を見て私は思わず、
一礼し手を合わせました。

 

現地の状況や遺品から

「これって誰でも起こり得ることだ」

と感じ、そう思うととても怖くなり、
急に家族が心配になりました。

私は家族とほとんど連絡を取らなかったのですが、
この現場の後すぐに母に電話をし、

声を聞いて安心したことがありました。

 

 

つまりなにを伝えたいのかと言いますと、

 

近年、コロナ渦で人と人との繋がりが減り、
孤独死が増加しております。

人はいつ何があるか分かりません。

あまり親族と連絡を取らない方も時々連絡をして、
繋がる機会を作っていただけたらと思います。

 

 

本日は以上です。

お電話はこちらです。

電話受付時間は10時から23時までとなっております。

他のお客様の電話対応中にお電話頂いても出れない場合がございます。
その場合は弊社から折り返しのお電話をさせて頂きます。

才光LINE公式アカウントは24時間受付中です。

「よくある質問」をご覧頂くと解決する場合もございます。「よくある質問」をご覧になる場合はこちらをクリックして下さい。

お見積もりやご相談だけでも大歓迎ですのでお気軽にご連絡下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 感謝を忘れない
  2. 組織改革の2つの真意  
  3. 遺品整理に携わる尊さ
  4. 圧倒的に安くする理由
  5. 料金表や処分方法など
  6. 旧永山武四郎邸
  7. 片付けることで何かが変わるかも、、、
  8. au PAYでの決済

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
PAGE TOP