Loading

ブログ

どちらが徳か?

視点

「どちらが得か?」ではなく
「どちらが徳か?」
と考える。

物事を考える際、我々はしばしば
「どちらが得か?」
という視点に立ちがちです。

経済的な利益や物質的な利点を重視し
合理的な判断を下そうと
することが一般的です。

しかし、私たちはもっと深いレベルで問い直し
人間関係や社会への貢献など徳に基づく
視点からも物事を見つめるべきです。

徳とは、良心や道徳心に基づいた
価値観や行動の善悪を指します。

「どちらが徳か?」という問いかけは
私たちに対して責任を問うものであり
短期的な得を追求するだけでなく
持続可能な善となる選択を
追求するよう促します。

一つの例として
ビジネスの決定を考えてみましょう。

伝統的なビジネスモデルでは収益最大化や
市場シェアの拡大が優先されがちですが
「どちらが徳か?」
という視点からは社会に対してポジティブな
影響を与える選択を探ることが求められます。

例えば、環境への影響や従業員の幸福度
地域社会への貢献など様々な側面を考慮して
総合的な徳に資する道を模索することが大切です。

また、人間関係においても「どちらが徳か?」
という視点は重要です。
他者とのコミュニケーションや協力において
単なる取引や個々の利益追求だけでなく
お互いに共感し、助け合い、共に成長するような
関係を築くことが徳にかなった
選択と言えるでしょう。

お互いに尊重し善意をもって接することが
豊かな人間関係の土壌を育むのです。

この視点を個人の日常生活に持ち込むことも重要です。
何気ない日常の中で、「どちらが徳か?」
という問いを意識的に考え他者への思いやりや
社会への貢献を大切にすることで
心豊かな生き方を実現できるでしょう。

例えば、環境への配慮やボランティア活動
他者に対する感謝の気持ちなど
小さな行動が積み重なって大きな徳を生むのです。

「どちらが得か?」ではなく「どちらが徳か?」
という視点は持続可能な社会や豊かな
人間関係を築く上での指針となります。

この考え方を取り入れることで
物事をより深く、意味のあるものに変え
自己と社会への貢献を通じて
より豊かな人生を築くことができるでしょう。

本日は以上です。

お電話はこちら

電話受付時間
10時から23時まで。

他のお客様の電話対応中は
出れない場合がございます。
その場合はこちらから折り返しの
お電話をさせていただきますので
お待ちくださいませ。

LINE公式アカウント
24時間受付中。

「よくある質問」をご覧頂くと
解決する場合もございます。
「よくある質問」をご覧になる場合は
こちらをクリックして下さい。

お見積もりやご相談だけでも
大歓迎ですので
お気軽にご連絡下さい!

Follow me!

関連記事

  1. 岩見沢営業所新設
  2. 特殊清掃(電子レンジ・前編)
  3. 沢山のご依頼ありがとうございます。
  4. 安さの理由
  5. 気持ちの整理がついてから‥
  6. 営業電話は御遠慮下さい。
  7. 相続放棄をする前に絶対に読んでおいて下さい。
  8. 寄付、ありがとうございました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
PAGE TOP